霞ヶ関と鶴ヶ島の不動産・賃貸は株式会社白金商事 > 株式会社白金商事 スタッフブログ > 別荘を売却する際のポイントや居住用住宅との違いについても解説

別荘を売却する際のポイントや居住用住宅との違いについても解説

≪ 前へ|秘境の美食店   記事一覧   白金商事 会社紹介動画|次へ ≫
カテゴリ:不動産売買のお知らせ

別荘を売却する際のポイントや居住用住宅との違いについても解説

別荘を持っているものの、あまり利用することがないから手放そうか、と考えている方も少なくないことでしょう。
しかし、いざ売ってみようと思うと、居住用の住宅と同じような方法でいいのかなど、疑問に思う点も出てきます。
そこで、こちらの記事では別荘と居住用住宅との違いや売却しにくい理由、さらに需要などについても解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

別荘の売却において知っておきたい居住用住宅との違いについて

一般的な居住用住宅と別荘(セカンドハウス)の大きな違いは、売却時の扱いです。
居住用の住宅を売却して利益が出たときに発生する、譲渡所得税という税金がありますが、3,000万円までは課税されないという特別控除が受けられます。
ところが別荘にはこのような優遇措置はなく、たとえ少額であっても利益が出れば税金を課されるという点が居住用住宅との違いです。
セカンドハウスを持つほどの経済的余裕があるとみなされるのが、その理由です。

別荘は売却するのが難しいと言われる理由について解説

一般的に別荘は売却することは難しいと言われていますが、その理由について解説していきましょう。
セカンドハウスは1970年ごろから徐々に人気が高まり、1980年代にはもっとも多く建てられるようになりましたが、バブル崩壊が起きた1990年以降は人気が下降気味に。
これらの多くの建物は築年数が古く老朽化してしまっているため、修繕費や維持費がかかる点が売りにくい理由のひとつです。
また、セカンドハウスを建てるようなエリアは自然が多く、都会の喧噪から離れたところ、つまり交通の便が悪いところが一般的でした。
その立地の悪さが、結果として購買意欲を下げる結果にもなっています。
他にも、管理費や固定資産税、住民税など、所有しているだけで多額の費用がかかる点も、別荘に人気がない理由と言えるでしょう。

諦めるのはまだ早い!別荘の需要が高まりつつある現在

これまで別荘の人気が低く、売ることが難しいというお話をしてきましたが、近年その需要は再び高まりを見せつつあります。
最近のテレビ番組を観ていても感じられるように、最近は都会を離れて田舎暮らしを始める人が増えており、その生活拠点として地方にある物件を選ぶケースが少なくありません。
また、リモートワーク化が進んだことで二拠点生活を送ることがブームになっており、そのためのセカンドハウスとして所有する人も増えているのです。

まとめ

築年数が古く、管理費や税金など多くの費用がかかる別荘は、売りにくい物件と言われてきました。
ただ、近年のライフスタイルの変化から、再び人気が高まってきています。
所有している方は売りにくいからと諦めずに、まずはお気軽にご相談ください。
私たち株式会社白金商事は、鶴ヶ島市や川越市の物件情報を多数取り扱っております。
その他にも不動産に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|秘境の美食店   記事一覧   白金商事 会社紹介動画|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ウイングスカイ南大塚 全10棟

ウイングスカイ南大塚 全10棟の画像

価格
3,920万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県川越市南大塚1丁目14-12
交通
南大塚駅
徒歩10分

ウイングスカイ南大塚 全10棟

ウイングスカイ南大塚 全10棟の画像

価格
3,880万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県川越市南大塚1丁目14-12
交通
南大塚駅
徒歩10分

ウイングスカイ南大塚 全10棟

ウイングスカイ南大塚 全10棟の画像

価格
3,920万円
種別
新築一戸建
住所
埼玉県川越市南大塚1丁目14-12
交通
南大塚駅
徒歩10分

武蔵嵐山中古住宅(オーナーチェンジ)

武蔵嵐山中古住宅(オーナーチェンジ)の画像

価格
630万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県比企郡嵐山町大字千手堂
交通
武蔵嵐山駅
徒歩15分

トップへ戻る